header_title

home > diary

top_off prof_off sche unit_off disc_off diary_off mail_off
disc


ハッとしたもの3つ(脳内伝達な件)

さいきん、ハッとしたもの...


「たき火の炎」
d0244370_16595808.jpg

「羽根つきの羽」
d0244370_17001387.jpg

「夕焼けが不気味なほどに赤かったこと」
「遠くに富士山がみえたこと」
d0244370_17003064.jpg


見ていれば、
見てさえいれば。。。
ハッとするものに出会うように、

聴いていれば。。。
感じていれば。。。
みな同じなのだろうなあ。

人であれ、小さな草花であれ、
出会えるか、出会えないか。。。
これは、おおきな違いだ。

そんなシンプルなことを考えるほどに、
アンテナに入ってくる山ほどの情報をふるいにかける。
ふるいにかけて残るものは、少ない。

ライブの最中だってそうかも。
きっと脳みその中は、
膨大な受信とセレクションの嵐かと…
それぞれの奏者の「脳みそ伝達網」をビジュアルで見たら。。。

美しいだろうなあ。。。


しかし。。。まてよ。


そういや昔、
「ケロフク」(さがゆきさん&蜂谷真紀)という
即興ボイスDUOのライヴに、
某大学は脳神経学者の先生がみえたことがあり、
ライヴ後、大変に喜んでおられたのは良かったが、

先生、イキナリ真顔になり。。。

「いやあ、興味深い。あの.....いつしか
 ライヴ中のお二人の脳波をとらせてもらえませんか?!
 頭に電極をつけますが痛くはなく」....云々。

さがさんも、私も。。。たしか。。。
一瞬笑って何か冗談言ったあと、
シーーーーーン、となったのは言うまでもありません。笑
勿論、そのお話が実現することはありませんでした。


我が脳内

見てみたいよで

見たくなし!












蜂谷真紀
はちやまき
maki hachiya













[PR]
トラックバックURL : http://hookchew02.exblog.jp/tb/21562814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2015-02-16 18:08 | ふくちう日誌 | Trackback

簡単な髭の作り方


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya