header_title

home > diary

top_off prof_off sche unit_off disc_off diary_off mail_off
disc


来日共演つづく★11/10【Vincent & Paul】 →パリエレクトロニクスの今と私。★11/13〜16【PORTACHUSA】クラリネットの可能生に挑むスイス、レバノン、ドイツの三人と私

d0244370_14393062.jpg


来日共演ラッシュの11月・・・
まず、フランスより、2laptopデュオとの共演。
じつは個人的に、とても楽しみなライヴなのだ。
ロヴフさんは、何度か共演しているものの、
彼リーダでの来日共演は初めてだし、さらにポウルさんは初共演だ。
予想がつかないほうが面白い・・・というのが絶対ある。
初共演でないと生まれない音・・・というのが絶対ある。
パリのエレクトロニクスの今を日本で聴ける好チャンス。

それもたった1日だけのギグ!皆さまお聴き逃しなく!

11月10日(金)20:00

【Vincent & Paul +Maki】

Vincent Laubeuf (laptop)
Paul Ramage(laptop)
蜂谷真紀 Maki Hachiya(electric-voice,voice,etc)

@入谷「なってるハウス」
03-3847-2113 ¥2000+order
http://www.geocities.jp/knuttelhousekappabashi/

d0244370_14393062.jpg

d0244370_21100872.jpg
Vincent Laubeuf (laptop)

Vincent Laubeuf :エレクトロニクス奏者、作曲家。1974年生まれ。フランスでの様々なコンサートやフェスティバル、美術館での演奏のほか、海外のフェスティバル等に積極的に進出している。2008年、第8回国際コンペティションリュックフェラーリを受賞。Laubeuf は自己サウンドの可能性を広い分野で模索したいと考えており、演劇、ポエトリー、ビデオアートなどにも作品を度々提供している。最大の感心は、パフォーマンスの間、独自の宇宙観を持続させ、想像を超えたフォームを作成することである。

d0244370_21095956.jpg
Paul Ramage(laptop) Face book より

d0244370_21252803.jpg
蜂谷真紀 Maki Hachiya(voice,electric-voice,pf)




そして、11/13〜11/16は、うって変わって・・・
マイクすら使わぬ硬派なまでのアコースティクユニットとの4DAYS。
クラリネットの可能生の限界に挑む彼らは、本当にストイックだ。
日本と欧州で何度も共演してきた、家族のようなユニットでもある。


[PORTA CHIUSA]JAPAN TOUR 2017
11/13〜11/16

d0244370_15273763.jpg

[PORTA CHIUSA]ポルタキウザ
Paed Conca(cl)
Hans Koch(cl)
Michel Thieke(cl)
蜂谷真紀 Maki Hachiya (voice)

スイスで収録したCD
[PORTA CHIUSA ”because life should be so wonderful (l)”]を昨年秋にリリースした4人。

d0239981_18490391.jpg

《速報》[PORTA CHIUSA]11月に来日!

レバノン、スイス、ドイツ、日本、みな別の国の住人だ。
彼らとの再会はほんとに嬉しい。
彼らとは日本とヨーロッパで1ヶ月のツアーも共にし、
音も人情も強力な3人と、いつしか最高の仲間となる。
それぞれに、様々な活躍をしてきた素晴らしい奏者ですが、
このユニットではクラリネットの可能性に挑戦してゆきます。
3クラリネット+ボイスによる「微分音」で書かれた大曲にも、
また挑戦することでしょう・・・

作曲はPaed Concaさん。
「微分音」とは半音のさらに半分をいいますが、
4人の音の周波数が「ゆらぐ」よう綿密に書かれています。
現代音楽のようで、また違う。ノンジャンルな音に溢れてる。
周波数のゆらぎにトランスしていく快感も格別だ。
この未知なる音楽に出会えてよかった。Paedありがとう!

でも、初めは焦りました・・・
「え?これフメンなの?」ほぼ幾何学模様だった。
「やばい、ぜんぜん解らない…」正直いって不安になった。
ピアノにない中間音が波打つ、約1時間の大曲・・・
謎の記号、謎の数字、指示はドイツ語、小節線も謎だらけ。
さらに、1人で練習したところでサウンドは見えない・・・
腹をくくってリハに向かった。
でも4人で音を出したら、すぐ謎がとけた驚いた!

次は2015冬、彼らとのツアーでスイスに向かう当日朝のこと。
パエドから「新曲かけた」って、つぎの謎の譜面がPCに届いていた・・・(^-^;
慌ててプリントし「音叉(おんさ)」をポッケに投げ入れ成田に向かった。
もちろん機内で血眼になって音をさらい、
空中でこっそり音叉を「ちーん」しまくったのは言うまでもありません...笑。

この容赦ないユニット、大好きだ!待ってるよー

d0244370_15274208.jpg

ヨーロッパツアーを共にした多国籍ユニット、
【PORTACHUSA】が再び蜂谷の声と合体する。


3クラリネット+声...発熱する微分音と解放。

パエドが書いた大曲は 緻密で奔放な夢物語のごとし。

4人の音周波ゆらぐ「生音トランス」

ぜひ体感してみてください!




11/13(月)19:30会場 20:00開演

【PORTACHUSA】JAPAN TOUR
[PORTACHUSA]
Paed Conca(cl)
Hans Koch(cl)
蜂谷真紀 maki hachiya(voice)

@成城学園前「アトリエ第Q藝術」1Fホール
090-2432-0371 ¥3000(ワイン & おつまみ付)

Engrish info
Nov.13th(mon)open 19;30、start20:00
[PORTACHUSA] Paed Conca(cl)Hans Koch(cl)Michael Thieke(cl)+Maki Hachiya(voice)

@TOKYO SEIJYOGAKUENMAE「Atelier dai Q Geijutsu」

https://www.seijoatelierq.com/hall

map
https://goo.gl/maps/1isp6ZJWfBN2


---------------------------------
11/14(火)19:30会場 20:00開演 
【PORTACHUSA】JAPAN TOUR
[PORTACHUSA]
Paed Conca (cl)
Hans Koch (cl)
蜂谷真紀 Maki Hachiya(voice)

@本八幡「cool jojo jazz+art」¥3000+order
都営新宿線「本八幡」A1出口より1分
総武本線「本八幡」北口より3分
京成本線「八幡」出口3より3分
map→市川市八幡2-16-16 B1F (Gパン屋"サカイ"地下)

Engrish info
Nov.14th(tue)open 19;30、start20:00

[PORTACHUSA] Paed Conca(cl)Hans Koch(cl)Michael Thieke(cl)Maki Hachiya(voice)
@CHIBA MOTOYAWATA「Cool Jojo jazz & art」
080-2624-0879
http://cooljojo.tokyo
map
https://goo.gl/maps/p3VptFMaXQB2

---------------------------------
11/15(水)
(会場スペースの関係で一般非公開ライヴ:個展のご案内として掲載)
第31回俳壇賞 受賞記念句画展
蜂谷一人【青でなくブルー】におけるコンサート
[PORTACHUSA]
Paed Conca (cl)
Hans Koch (cl)
Michael Thieke (cl)
蜂谷真紀 Maki Hachiya(voice)

@神保町「
gallery 福果 03-3259-6555
地下鉄、三田線、新宿線、半蔵門線「神保町」A7出口を出て左手「さぼうる」隣の2F
■個展は11/7〜11/18、12:00~19:00、最終日のみ17:00まで(休廊日なし)

Engrish info
Nov.15th(wed)

[PORTACHUSA] Paed Conca(cl)Hans Koch(cl)Michael Thieke(cl)Maki Hachiya(voice)

★Performance at Exhibition for ”invitasioned people only” ...because of the space. sorry!!
(this information is just about for Exhibition)


---------------------------------
11/16(木)19:00会場 19:30開演 
【PORTACHUSA】JAPAN TOUR

[PORTACHUSA]
Paed Conca (cl)
Hans Koch (cl)
Michael Thieke (cl)
蜂谷真紀 Maki Hachiya(voice)

ゲスト 木村由(dance)

@横浜「エアジン」 045-641-9191
¥2500+drink(¥500~)学生U23 ¥1000割引 中学生以下ペットも無料
map→みなとみらい線「馬車道」5番出口歩6分、 JR「関内」北口歩6分


Engrish info
Nov.14th(tue)open 19:00、start19:30

[PORTACHUSA] Paed Conca(cl)Hans Koch(cl)Michael Thieke(cl)Maki Hachiya(voice)
+guest
Yu Kimura(dance)

@Yokohama[AIRGIN] 045-641-9191
http://airegin.yokohama/
MAP
https://goo.gl/maps/b3Zxc5QwF232


d0239981_18464566.jpg


d0244370_18583957.jpg



【PORTACHUSA】


パエドコンカ Paed Conca (clarinet, composition)

1967年生まれ。ベイルート在住のスイス人。クラリネット奏者、ベーシスト、作曲家。世界各国で精力的にツアーをこなし、多くの素晴らしき共演者を持つ。即興演奏の傍ら、演劇、映画、ダンス、アンサンブル等、また、ラエド・ヤシンとのユニット「PRAED」に多様な楽曲を書いており、今回の「PORTA CHIUSA」では、長年かけて作曲した「3クラリネット+声」における、微分音を駆使した神秘的な大曲を披露する。

d0239981_18465851.jpg


ハンス・コッホ Hans Koch (clarinet)

クラリネット、バスクラリネット、サックス奏者。スイス人。欧州の革新的奏者。クラシック奏者としてのキャリヤに終止符を打ち、80年代よりセシルテイラー、フレッドフリスら多くの精鋭と共演を重ねる。作曲家としては、ラジオ劇、映画、また「Koch-Schütz-Studer」のサウンドを手がける。90年代よりサンプリングやラップトップを導入。管楽器にエレクトロニクスを用いた斬新な表現も取り入れる。リード奏者としての独自の言語=「音」に着目し、唯一無二な「言語」を生み出し続ける。

d0239981_18470866.jpg

マイケル・ティッケ Michael Thieke (clarinet)

1971年ドイツ、デュッセルドルフ生まれ。クラリネット奏者、作曲家。ベルリンとローマを拠点に活動中。楽曲、即興、ジャズ....作曲活動。常に幅広い音楽環境下に身をおき、特に微分音程、音色、ノイズに強い感心をもって探求し続けている。国境をこえ数多くのプロジェクトやコラボレーションに携わる。既成概念に捕われない音に精力的に関わり続ける重要人物である。

d0239981_18472067.jpg


蜂谷真紀 Maki Hachiya (voice)

歌手、ボイスパフォーマー、ピアノ弾き語り、作曲家。多彩な音楽的バックグラウンドを軸に、自作曲、JAZZ、即興、電子音楽、現代音楽など、国内外でライヴを重ね、数々のユニットも牽引する。自作曲の起用は「大原美術館70周年:絵画のための音楽会」映画「テトラポッドレポート(富永昌敬監督)」等。三池崇史監督の8作をはじめ映画への歌唱も多く、映画「八日目の蝉」(成島出監督)に謎の唄うたいで出演。リーダーCDのほか海外奏者とのCDも多く、スイスで収録した【PORTA CHIUSA/ because life should be so wonderful (l)】も大切な一枚である。

d0239981_18474442.jpg





蜂谷真紀
maki hachiya
はちやまき
official website



[PR]
トラックバックURL : http://hookchew02.exblog.jp/tb/26117260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2017-11-09 22:04 | ふくちう日誌 | Trackback

簡単な髭の作り方


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya