header_title

home > diary

top_off prof_off sche unit_off disc_off diary_off mail_off
disc


町医者先生と ビリーホリデイ

d0244370_14135090.jpg
葉っぱ…おちちゃったね。
今年は紅葉を見にいけなかったな。

先日のCD発ライヴで、加藤崇之さん鬼の霍乱!で、びっくりしたら、
なんと・・・結局、私も高熱で寝込みました〜〜〜(笑)

DUOでダブルインフル???
ミクロマクロ息があいすぎ!
まあ、あれだけ一身一体でやっているんだから同期するよねーー
高熱中、加藤さんから電話があったんで、
「私もインフルなっちゃった!」って言ったら、
「え”〜〜〜〜〜!うそ!!!?」って笑ってるしなあ。もう〜〜

後の笑い話.....まちがいなしだね。

あ〜〜、思わぬ連休中。
歌ってないとタダの人である。とほほ。
早く歌いたい〜〜〜〜

ご心配かけましたが、熱もピークをこえ楽になってきました。

こんなに寝たのは久しぶり。
熱も下がり、今日から極楽~楽園〜〜〜
なんか・・・極楽浄土みたいでヤバイです。

ちょうどライブの狭間で助かったとはゆえ
ライブ飛んでしまいごめんなさい。
生徒の皆さんも、変更すみません。
しかと完治させ、デビューします!

ということで・・・
12/10【TOKYOディープ】@公園通りクラシックスは、
大変申し訳ありませんが、
まだドクターストップにて延期させていただきます。
楽しみにしていた皆さんごめんなさい。

急に思い出したこと。

「町医者先生と ビリーホリデイ」

18か19才ごろのこと。
風邪の症状もなく突然、42度近い熱を出した私に母が驚き、
夜中に町医者の先生を呼んでくれました。
電話ごしに先生が・・・
「えー?!僕が着くまで○○とか○○を冷やしてて!」と言っているのが聞こえ、
この熱はヤバイんだな…と、意識朦朧としながら思いました。

先生はお家で一杯やっていたのか、ご機嫌な赤ら顔で現れました。

「とにかく熱を下げないと…ちょっと痛いけど我慢して」
でっかい注射を一本!!

そのあと嘘のように楽になり、楽園にのぼるよな気分。
死ぬんじゃないか?と思ったくらいです。

翌朝、ビリーホリデーの歌をラジカセから流しながら床についていました。
彼女の歌はさらに私を楽園に導き、すっかり熱は下がりました。

あれはなんの熱だったのだろう?

とにかく町医者先生とビリーホリデーで治ったことは確かです。

家族のかかりつけ。懇意の先生。
昔は往診とゆうのがありましたが、今だと救急車なのかしら?

夜中にもかかわらず、
駆けつけて下さる暖かさと熱意も治療のうちなのだな…と、
いたく感謝した記憶があります。

先生お元気でおられますように!



早くうたいたい〜〜〜〜



蜂谷真紀
はちやまき
MakiHachiya







[PR]
トラックバックURL : http://hookchew02.exblog.jp/tb/26214692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2017-12-08 14:08 | ふくちう日誌 | Trackback

簡単な髭の作り方


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya