簡単な髭の作り方
by hachiyamaki_diary
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
my profile
蜂谷真紀
maki hachiya ・はちやまき
vocal・voice・piano
electronic・compose 
双子座B型天然系。オリジナル、JAZZ、即興、アコースティク、エレクトロニクス...国内外にて音楽活動中。日々音の旅。

official website
live schedule
discography(CDたち)
最新の記事
《たまには自分と音楽のこと》..
at 2017-06-14 15:39
ありがとうございます。また一..
at 2017-06-08 16:41
知らない道を歩く。あすは誕生..
at 2017-06-05 03:54
【次ナルJAZZ問答】新宿編..
at 2017-06-02 14:19
17文字の恋愛
at 2017-05-21 20:05
不破大輔&蜂谷真紀DUO
at 2017-05-21 19:44
5/19& 5/20、告知です!
at 2017-05-17 06:56
【次ナルJAZZ問答】5/2..
at 2017-05-17 03:45
やっと写真アップしました【F..
at 2017-05-17 03:29
高橋佑成さんDUO
at 2017-05-15 16:09
6月末ミックスヘ【ミクロマク..
at 2017-05-13 15:18
マケドニアの風
at 2017-05-07 09:08
双眼鏡と私
at 2017-05-06 13:14
牡丹
at 2017-05-01 15:25
トゥーシューズ【HANA●T..
at 2017-04-24 16:06
レコーディング終了!【ミクロ..
at 2017-04-11 01:01
あす加藤崇之さんとレコーディング
at 2017-04-09 15:32
「実家珍道中」
at 2017-04-07 16:05
【Frantz&Christ..
at 2017-04-04 17:02
みんな一緒にまわる者、ずっと..
at 2017-04-03 15:04
記事ランキング
タグ
画像一覧
ブログパーツ
外部リンク
ライフログ
検索
以前の記事
ブログジャンル
2015年 10月 11日
裏のお寺の桜...伐採されてしまった。
ガーン!裏のお寺の桜の古木2本が切り倒されちゃった・・・
墓地造成(金)の為に寺が殺生かいな。
街の生命力の象徴みたいな木だったのになんて野暮なことを。
かれこれ、20年も愛でてきた木だった。
私が生まれる前からあったに違いない。

そうゆや昨夜ヘンな夢をみた。
「赤いお箸が2本バラバラに畳に刺さって消えてゆく」って夢。
これは2人の桜姫からの別れの言葉だったのかも・・・

追記:

その後も連日、朝もはよからチェーンソーの音がする。
今日は永年見慣れた松の木を切っていた・・・
これはもう、耳をふさぎたくなる音だ。
生き物の首を切っているように感じてならない。
声なきものの叫びが聞こえてくるようで、心が痛くてしょうがない。
よく寝られないうえに、悪夢ばかり見る。
彼らは逃げも隠れもできないんだよ。
なんだか家族を亡くしたような心境だ。
人間は自然に対して、いつも勝手だ。


生物同士である人間と人間の関係にも、
我々が当然としている生活にさえも、
その無関心さが、
たくさんの影を落としてきた。

木の伐採から連想したのは、
人間の心の麻痺と…その行方…

おーい!もどってこいよー!




ありし日の桜姫  2015春・・・
さようなら。姫たち・・・
d0244370_17280087.jpg




maki hachiya
蜂谷真紀
はちやまき





[PR]
by hachiyamaki_diary | 2015-10-11 13:36 | ふくちう日誌 | Trackback
2014年 05月 22日
運転手さんとゴールデンカップ
d0244370_15510957.jpg
本牧のソロより只今。
帰宅時、自分で切った髪がボーボーで驚く(自写)
ワタシは天パ。髪で湿度がわかります。

昨日、ゴールデンカップに行くとき、
時間もなかったので山手駅からタクシーに乗った。
運転席に、やたら前屈みで運転する白髪ロンゲの運転手さん。
なんだか強いオーラを放っているぞ、と思っていたところ。。。

運「ゴールデンカップでライヴですか?」
私「ええ、そうです。」
運「歌ですか?」
私「歌です。なんで解るんです?」
運「僕もあの店で歌ってたことがあるんだ」
私「えっ!奇遇ですね。おじさんは本牧?」
運「そうですよ。僕はたいしたことはないけどね、
 永ちゃん(矢沢永吉)とあそこに二人で座ってタバコを吸ったよ」
私「やっぱし繋がってるんですよ!おじさんの車に乗ってよかった

そういえば
あの店で今まで何人かそういう人達に出会った。
店の全盛期はブットビ興奮デイズだったと聞く。
日本のロック&popスターがしのぎを削ったと聴く。
そりゃあ、地元のバンドも我こそは!と息巻いた違いない。
今も静かにその興奮が続いているのを感じる。本牧。

本牧「ゴールデンカップ」次回は8/21
フレッドレスベースの瀬戸尚幸さんと2度目の共演。


そういやゆうべ・・・

「昔ばなしのイジワル爺さんが極悪非道化し、
正直爺さんスーパー無敵化し、
枯木に花(花火?)をチュドドドーン!!」...って妙な夢を見たけれど...

二人は最高のコンビネーションでしたね!
ダークヒーローと正義のヒーロー。。。
あなた方はいつも一緒です!ご苦労様です!
っていうか、ときどき入れ替わっちゃってますよ!

今日はヘンな夢みませんように。
おやすみなさい。



maki hachiya
蜂谷真紀
はちやまき











[PR]
by hachiyamaki_diary | 2014-05-22 02:50 | ふくちう日誌 | Trackback
2012年 10月 22日
夢をみていた
夢をみていた。

一度めざめる。

夢をみていた。

目覚めても「あの曲」が回っている。

コネクトも 感情も 映像も 

生き急ぐみたいに、
回っている。

回りまくっている。





ライブがない日もまた、
ジェットコースターみたい

寝ていてももまた、
ジェットコースターみたい



maki hachiya 蜂谷真紀







[PR]
by hachiyamaki_diary | 2012-10-22 04:46 | ふくちう日誌 | Trackback
2011年 09月 29日
たくさんの宝。助六の花火。
あすは、なってるハウス10周年記念ライヴ最終日、
是安則克さんと私のユニット「木の声」が
詩人の三角みづ紀さんと出会う予定でしたが。。。残念です。
我々は新しき何かを紡ぐでしょう。

芝田文乃写真展「LIVE 2001-2011」の最終日です。

★9/30、20時《なってるハウス10周年、最終日》
三角みづ紀(詩人) 蜂谷真紀(声,pn)
@入谷「なってるハウス」¥2000+order

木の声の写真のせよう。
きっと一緒にいるのだろうから。(芝田文乃さん撮影)
d0244370_1636486.jpg



厳しい心境の日々でしたが、

【HAMA●TORI】(蜂谷&田中信正)
【HANA●TORI●KAZE】(蜂谷&田中信正、喜多直毅)
ミックスダウン終了しました。

三住さんのもとよい感じにミックスできました。
是安さんの葬儀のあとヨレヨレでスタジオ入りした翌日、
スタッフの大滝さんがスパゲッティを山盛り作ってくれました!
ありがとう!
d0244370_16371834.jpg


芝田文乃ちゃんが、是安さんと私のCDジャケットを撮影した民家の脇、
ミックスダウンしているスタジオに行く途中で通るのです。
そのスタジオで彼と録音もしたし、何をみても思い出してしまう日々。
乗り越えるけど、がんばるけど、彼の残してくれた宝はけして忘れない。

ありがとう。また演奏しましょう。

お通夜の前のワークショップも、頑張りましたよ。
ジャズから即興まで、若い奏者たちの挑戦をみることが出来ました。
譜面を一生懸命練習した人から、即興一筋の人まで、
お互いの価値観の融合が実によい感じ。初体験も多かった模様。
みなが だんだん本性をあらわにして、なんか発見している気配がうれしかった。
最近、自分の生徒たちも、オリジナルを書く人が増えている。
よい曲なので驚いている。みんながんばれ!

そして本日、フランスから
チェリストのユーグ•ヴァンサンが来日。もう着いたかも知れません。
私は10/2、10/28、29、共演です。

ワタシは沢山の人とともに生きているのだ!
限りある命、もっともっと生きて! 花火あげるぞ!

是安さんが急逝してからとゆうもの、
食も睡眠もメチャメチャであったけれど、
ゆうべ、やっと6時間眠ることができた。

奇妙な夢をみた。

突然、助六が夢に現れ・・・

「月がかくも明るいといって、花火を上げぬとは何ごとぞ!
 そんな馬鹿なハナシゃ~、聞いたこともねえ!!」

と言って去っていった。

この夢。。。なんだったのか?
d0244370_16373644.jpg


是安さんが亡くなった日にも夢をみた。

眠れずに、一瞬ソファでウトウトしたときに見た夢。

金のやわらかい繻子が・・・
天井から何本も飾られた美しい「寝床」で、我々は寝ていた。
ツアーかなにか、数名のミュジシャンと一緒だった。
ある日、朝の4時になっても戻ってこない奏者があった。
私と音楽仲間、家族とで「その誰かの寝床の脇で」・・・
ゴロゴロ、ウトウト、しながら待ったけど、
その奏者はついに戻って来ませんでした・・・
是安さんだったのでしょうか?



makihachiya
蜂谷真紀

[PR]
by hachiyamaki_diary | 2011-09-29 16:57 | ふくちう日誌 | Trackback
2011年 04月 10日
暴力シャンデリア
毎日の様にうなされる夢より....おひとつどうぞ。

「暴力シャンデリア」

私はヨーロッパのどこかの町に越して来たばかりだった。
がらんどうな部屋に、未開封のダンボールが転がったまま。
前の住人が使っていたと思しき古い家具が置いたままになっている。
それらが無ければ まるで倉庫のようでもある。

新居は、築100年は経っていそうなアパートの3階。
昼というのに、部屋はどうにも薄暗い。
えらく天井の高い、四角い部屋の一辺に、
えらく縦長の窓が、等間隔に3つ並んでいる。
それぞれの窓の左右に、濃緑色のぶ厚いカーテンがきちんと束ねてあった。

その夜は、なかなか寝付けなかった。
疲れていた上、古い建物特有の匂いに馴染めなかったからだ。

翌早朝、玄関のチャイムが鳴った。 

眠い目をこすりつつ、覗き穴から覗こうとするが、
どうも目がかすれて良くみえない。。。。

「こんな早く...大家さんかな?..まあ、いいや.....」
私は、重たいドアを空けてしまった。

‥‥‥これがマチガイだった‥‥‥

問答無用!
「STAFF」と書いてあるカードを胸に下げた人たちが、
10人、20人、30人.......ズカズカと上がり込んで来た!
あっという間に、新居は人人人...声声声.....でごったがえした。

パジャマのままぼう然と立ちつくす私をよそに、
「ハート型の電飾付きメガネ(ピンク色)」をかけた
ロンドンアンダーカルチャー的ヘアの、太った白人女性が
ドッカ!....と座って煙草を吸い始めた。
私は、ソファが片方だけ極端に深く沈んでいるのをボンヤリ眺めた。
彼女が煙草の煙を勢い良く吸い込むたび、
眼鏡の電飾が、ピンクとグリーン交互にせわしなく点滅した。
彼女はかなりイライラしている様子だった。

ふと、回りを見ると、

打合わせを始める人達。。。。
携帯電話で慌ただしく連絡を取りあう男性。。。
私のワインを勝手に飲んでいる人たち。。。
洗面所で歯を磨く人。。。
トイレを流す音。。。

「ち、ちょっとアンタら! 一体ダレやねん?!」
「......ってか...あの~、何してるんですかあ~?」


....と礼儀正しく質問する間もなく。。。

部屋に巨大なハイビジョンモニターが運び込まれた。
「STAFF」は皆、汗だくだ。
彼らは、昨日繋いだばかりの私のオーディオ配線をひっこぬき、
何本ものぶっといケーブルを、手際良く部屋中に回し始めた。 

「はあ...???」
 
この際、面白そうだから見物することにした。 

モニターに「テスト映像」が飛び込んできた。
電飾ピンク眼鏡の女性は、生中継番組のディレクターだった。     

「TV中継...?何?....シャンデリア?」 

聞けばこのアパートの最上階にホールがあり、
そこに貴重なシャンデリアがあるんだと言う。
今日は、10年に一度の「シャンデリア御開帳の日」なんだそうだ。
そして、ついでに言えば、
大家の承諾で、うちが中継基地になったのだという!

「・・・って、何も聞いてないんですけど・・・」

早速らせん階段を駆け上がり「最上階のホール」に行ってみた。
そこは7階。ホール天井はガラス製のドームになっており、明るいが蒸し熱い。
既に、沢山の人々が見物に集まっていた。

見物人は皆、黒タキシード、蝶ネクタイ、シルクハット姿。
クラシカルに正装している。えらい時代錯誤な感じ。
何故か「荒俣猛さん」も、見物人の中にいた。
荒俣氏も服はキメていたが、足下は「水色の健康サンダル」であった。

‥‥‥正午。

楽隊の「アラビックファンファーレ」が轟いた!
変な旋律だ! 
お披露目の時間だ! 

「ガリガリガリガリ...ガガガ...」

なんじゃ?!このスンゴイ音は? 

驚いた。。。。

なんと、ドーム型天井は、野球場の如く左右に開くんである!
それも「手動」で開けちゃう。。。。
左右、50人程の人足に別れ、一斉に綱を引いている!

「ギギギ...ガリガリガリ...キイイイイイイイイイ~~!!」

うわあ、耳をつんざくオンボロ摩擦音!!
ガラスが落ちて来やしないか不安になって来たその時、
薄曇りの空をバックに
「巨大シャンデリア」が、頭上に姿を現し始めた!

(はあああ・・・・・・???)

アパート屋上に塔のごとく鎮座していた巨大シャンデリア。
この記念すべき日に、「降りてきた」のだ!
なんかよく解らんが、
ドームを開けると「降りてくる」大掛かりなカラクリ。

ほどなくして、
シャンデリアはとうとう全貌を現した。

(うあ~、デッカイ!高さが5mは有る!)

ジャラン...ジャラン...なんか不安定。アヤウイ。
それは、総スワロフスキー製だった。
透明薄褐色。細部にまで手をかけまくった、コテコテの装飾。
一つ一つのパーツにまで、細かい仕事がしてある。
で、シャンデリア上部には2mもある「獅子の頭」のデコレーション。 
勿論これもスワロフスキー製だ。
もはや、美しいというより.....グロテスク。

(おや?) 

今度は「獅子の頭」がゆっくり揺れはじめた。

古くからの慣習でシャンデリアを12回大きく「揺らす」んだそうだ。
獅子のタテガミに見立てた無数の長い装飾が、派手に揺れる。
ジャララ~ン...ジャララ~ン...
何人もの男達が、針金状の吊り具6本を操り、
まるでクラゲの様に揺り動かしている。

(何トンあるのかな? あんな細い吊り具で大丈夫か!?)

ジャララ~~~ンコ...ジャララ~~ンコ~
       
回数ごとに揺れは激しくなり、
10回を過ぎたあたりから揺れは最大に!

うわあ、今にも壊れそう!

ガッシャリ~~~ンコ....カガガッシャリン~~~コ~

「ウアアアアアアア~!危ない!」 



ついに、シャンデリアから2cm~5cmくらいのパーツがいくつも外れ、
パラパラと雨の様に降ってきた。逆光を浴びて美しい...けど危ない!
カッシャーン、パッキーン....透明な破壊音が響き渡る。
美しい物が壊れゆく光景。ゾクゾクした。

(ふう...12回....お、おわったあ.....
なんて凶暴なシャンデリヤ...
こ...これは世界一暴力的なシャンデリア!)


まだ揺れが収まらぬうち、一人の男性が「駆け出した」
続いて、他の紳士淑女もダーッとホール中心に向かって走った。
みな夢中になって、床に落ちたシャンデリアのパーツを拾い集めているぞ?!
男はシルクハットの中に、女はドレスの胸元に....
スワロフスキーの輝きを楽しげに収めている。

拾ったパーツを愛おしそうに触りながら、一人の紳士が語った。。。
「このパーツには魔力が存在するのです」
そして、タキシードのポケットから古い懐中時計を取り出した。
「これは、私の祖父が50年前のシャンデリア開帳で拾ったパーツを、ですな、
文字盤に埋め込んだ特注の時計でして...、祖父は...、云々」


(そうかあ....
このシャンデリアは原形が無くなるまで、これからも揺れ続けるのか...。)


連れ合いの淑女も語った。
「この指環は、結婚前の母がパーツから作ったものよ。その後、彼女はね...フフフ...」

彼女の夢の様な話しを聞いている最中、私はハッ!と我に返った。


あ...ヤバイ..私ったら...
パジャマのままでした~〜〜〜 


回りは全員正装。
もう、あまりに恥ずかし過ぎたので、
私は腹を決め、逆にパジャマ姿をアピールする行動に出た。

私は突然走り出し、床に滑り込み、
ホールの真ん中に、大の字になって寝っ転がった!
だって、パジャマは寝姿が一番!

「ヘッヘッ~!!! なかなか気持ちイイじゃない!」 

(私の異様な笑いはテレビ中継に丸写りだった)

その時だ。。。。

頭上のシャンデリアから、大きなパーツが一つ落ちてきた。
私はそれを、忍者ばりに「3回転して」かわした。
「カッシャ~~ンンン.....」透明な残響をのこし、
ホールはシーンと静まり帰った。

次に、パジャマの女は急にピョン!と起き上がり、
その、落ちて来たパーツをゆっくりと拾い、
近くにいた男の子に、ニコリと手渡した。

すると。。。。一斉に、拍手が起こった。
蒸し暑いドーム内に、拍手と喝采がブワンブワンと回った。


みんな私を、
テレビ局に雇われた「東洋人の道化」と思ったみたい。






maki hachiya
蜂谷真紀
[PR]
by hachiyamaki_diary | 2011-04-10 21:08 | 福中文庫(作文) | Trackback
2011年 04月 10日
まきばあさんのいえ
「80才過ぎの自分が一人で暮らす変な夢」を見ました。

その人は確かに自分ですが、顔は知らないお婆さんでした。
珍しく子供が大勢出てくる夢でしたので、夢の記憶を素に物語を書いてみました。

‥‥‥ 題して「まきばあさんのいえ」‥‥‥

続きを読む…
[PR]
by hachiyamaki_diary | 2011-04-10 21:05 | 福中文庫(作文) | Trackback