home > diary


ミケラン爺・アッパレ職人

ミケラン爺・アッパレ職人_d0244370_23151112.jpg



さて、今回の福中通信は「アッパレな職人」を2編。



★その1 天才職人「ミケラン爺」

2月18日はイタリアの彫刻家ミケランジェロの命日(1564年)でした。
2/18、午前、私は何となく....図書館に向かい、「ミケラン爺」の大型美術本を二冊(デッサン&彫刻)をエサコラ借りて帰り、数時間かけて、しげしげと鑑賞し、

2/18、夕方、私は何となく....近所の花屋に向かい、黄色い「ミニ水仙」のポットを2つ購入し、帰宅するなり、水仙を美術本の左右にお供えし、そそくさとデジカメに収め、

2/18、夜中、 私は何となく....その本を防音室に持ち込み、自分の曲を、歌を、ピアノを、一方的に「聞かせた」のでした。

ミケラン爺は、星を彫る手を止め、「誰だっ!やかまし~!」と叫んだかも知れませんが、良いのです・・・天才とは天国でも忙しいものなのです。

「ミケラン爺」は、恐らく重く難しい頑固者。
政治、宗教・・・社会的潮流に振り回され、時に欺き、退避し、パトロンを巡る芸術家間の派閥の渦にジリジリとし、想像以上に、心がお疲れだったご様子。
何せ「次はラッファエロ君に仕事頼もうかなあ~♪でも、先輩のミケランジェロ君に悪いかなあ~♪」...なんて、超豪華職人宝庫の時代。

むう・・・これじゃ全然気を抜けませんよね。

皆さんにとってどうか解りませんが、私にとって彼の作品は「イッ」ています。
これは個人的な想像なんですが、もし彼が何も不安のない生活をしていたら、あんな「イッテル」作品にはならなかったろう、と感じるのです。
職人黄金時代のドロドロとした渦を横目に、唯一、作品制作中にだけ神や霊感を模索した結果なのかなあ、と。

時代も凄く濃そうです。
垣間見たいような、見たくない様な時代.......何か血なまぐさい。
タイムマシンにでも乗って、天才職人達がしのぎを削る現場を見に行きたいけれど、下手な事言ったら「魔女の火あぶり」にされそうです。

一方、今は、底から突くような人間パワーが希薄な時代なのでしょうか?
わたしは、少し物足りないと思うことがあるのですが、皆さんはどう思われますか?

とはいえ、生まれる時代なんて選べないし、
もし選べたとしても、下調べがエライ大変そう・・・(笑)

でも、今生きてるから皆さんに出会えたんだし・・・それなら、「今」をもっと近くに感じていたい。だって地球上で同じ時代に生きてるだけでも偶然なうえに、出会うなんて、凄い事だから。

さて、爺は極めて若いうちから頭角を現していますが、どうやら「天才君」だけではダメで、「プラスα」が山ほど必要だった模様。
後世に美化されてる話もあるかもしれないけれど、ミケラン爺に関して、何となく解った「α」は・・・

★感受性の強い....★エネルギーの高い...
★忍耐強い...★頑固な....★完璧症の.....
★思慮深い....★子供の様な想像力溢れる....
★手先の器用な...「飛び抜けて天才の素質を持った人」が....
★切磋琢磨し...★駆け出し時の貧困に負けず....★常に行動し....
★パトロンを得るという幸運に出会い....
★政治的なイザコザをやり過ごし....
★数年費やした仕事を「やっぱ、無しでお願い~」とかいう気まぐれにも耐え....
★報酬の滞りあらば遠路はるばる旅をし、自ら受け取りに行き....
★特別視されることを嫌い.... 
★内なる精神、プライドに溢れ....
★鬱病と戦い....
★石と格闘し愛し.....★己と格闘し愛し...
★出来の悪い弟子に愛を注ぎ....
★山を彫りたいと語り....
★「もう手が動きません」と手紙に書きながらも、亡くなる6日前まで彫り続け....

....αααααα! 

うあああ~、はあ~~。はあ~はあ~はあ~ 
この内一個欠けてもダメなのかも~!

電気、乗り物がないだけで参ってしまいそうな今日からすれば、なおのこと身が引き締まる思いです。

私は、彼の遺作「ミラノ・ピエータ」を見るとき、「爺の最後のひと彫りはどこだったの?」・・・と無数の鎚跡に思いをはせます。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

★その2 「アッパレ・無名の色鍋島職人」

年初め、北九州を一人旅しました。
ローカル線大好き。何も決めないイイ加減な旅が好き。
今回は、博多~有明海沿岸~長崎~佐世保~平戸~伊万里~有田~唐津~博多と回りました。まずは、有明海の干潟を見てみたくて・・・

長崎本線「肥前鹿島」という無人駅を降りると、

いきなり、地元のかっぽう着のオバさんに「うちの息子見なかった?」と聞かれ、旅はスタート(当然お役に立てず)笑いをこらえて小さな駅舎を出ると、なんと駅前の道にニワトリとアヒルが歩いている~~! 鳥好きの私には最高のお出迎えだ。「やっほ~!」


ミケラン爺・アッパレ職人_d0244370_2316245.jpg

肥前鹿島駅前の「コッコ軍団」。奥の建物が駅舎。やっほ~♪


し、しかし・・・この駅は、いったい・・・(汗)

二度目の笑いをこらえ「コッコガーガー軍団」を追い越せば、すぐ干潟。
おお~~~、これが有明海かあ! 干が引いた干潟は想像以上に広い!
隣の駅(かなり遠い)の海苔養殖場まで延々と広がっていた。
干潟に向かう足がどんどん加速・・・

まずは、ズボッと黄土色の干潟に指を入れてみる。
次にベシッと自分の手形をつけてみる。
生暖かくて滑らかなの泥んこの感覚は、初めての感覚だった。

見れば潟の所々にサギの足跡が型押しされ、まるで陶器の文様みたい!
このとき、ふと.....

「そうか~、焼き物かあ~」と思ったのでした。


ミケラン爺・アッパレ職人_d0244370_23162030.jpg

有明海の干潟。サギ大先生の芸術作品?


そういえば、九州には有名な焼き物の産地が沢山有るんだっけ・・・と。

・・・ということで、他の訪問地も書きたいけれど、お話は、ひとまず焼き物の地、佐賀県有田へ。

そう。ここからは「焼き物」のお話。...といっても、私は焼き物に関してほとんど知識が有りません。
でも、今回色々焼き物を見て「この焼き物職人はスーパーだ!」
ってことだけは、体で解ったのです。

私が心を奪われたのは、有田の九州陶磁文化館で見た「鍋島」の大皿。
館内の柴田コレクションも素晴らしかったけれど、私の心深くに住み着いたのはこの一枚の大皿。

水辺に白鷺が佇む絵付けが施され、とても美しい構図だった。
皿をムラ無く覆う、吸い込まれそうな淡い「藍色」に白鷺は白く、私は水の時間に深く落ちて行きそうでした。
これは「藍色」の瞑想?.....これぞ日本人の贅沢。

それにしても何て美しいんでしょう!
どうやってこんな均等に藍を塗るんでしょう?

解んないけど、職人バンザ~イ!
 
「鍋島」とは
鍋島藩が、伊万里山中に特に優秀な職人を集め、技法が外に漏れぬよう、関所まで作り擁護した環境で作られた磁器で、秘蔵っ子職人による、幕府献上品であったそうな。デザイン、構図、線、色使い、発色・・・
大胆で緻密な素晴らしい作品ばかりで、いたく感心しました。

しかし、そのスペシャルな職人達は個人名を残すでもなく、秘密基地「鍋島藩窯」で高度な技を競った後、今も静かに伊万里の山に眠っているのだそうです。

むう・・・・、職人バンザ~イ!

さて、私はこの旅で、個人商店で「食べ物」を買うたび、店の方をデジカメに撮らせて頂きました。

薩摩揚げ屋のおじさん... 緊張&真面目顔
和菓子屋の美人さん... 初々しいはにかみ屋さん
駄菓子屋のおじさん... ワハハハ~豪快笑顔!
乾物屋のお母さんと息子さん... 元気にVサイン
果物屋のお姉さん... ひたすら照れ笑い
魚屋のおばさんとお客さん.... 写真撮影に大はしゃぎ
90度腰の曲がった露店のお婆ちゃん...、まったく表情変わらず....

みんないい顔。
人はみな、人生を紡ぐ職人だね。
一緒に生きててよかったよ。

アッパレ!ポン!(鼓の音)
トラックバックURL : https://hookchew02.exblog.jp/tb/14137305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2011-04-10 21:03 | 福中文庫(作文) | Trackback

簡単な髭の作り方


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya