home > diary


【impro-0803】

「FLYING TEAPOT」は昔から実験室みたいな存在で、
思えば自分は、洞におけるライヴ1回目を、
洞主の目黒氏にイキナリ懇願してやらせて頂いたわけで、
それは直感であったのですが、そのころFTも
まだライヴハウスではなかったので、機材も全て持ち込んでの実験だった。
ここから「福中ラジオ局」「ミクロマクロ」なんていう
宝のユニットも生まれたわけですが、さらに実験は続けます。
ということで8/3の実験!みてくだされ。

★8/3 20時【impro-0803】
蜂谷真紀(voice,effect)千葉広樹(bass,effect)直江実樹(短波ラジオ)
@江古田「FLYING TEAPOT」¥2000+order
♪F.TEAPOTは昔から実験室なのだ



(ライヴ後の手記なるもの:8/4)
地道な実験から宝のユニットも生まれた。
今も実験が好きだし自分は実験していないとならない。
実験にはリスクも伴うが安住や打算こそ敵と感じる。
ハバロフスクの気圧に着地した夜。
小学生のころ短波ラジオは音楽と海の向こうへの妄想箱だった。
皆さん、千葉広樹さん、直江実樹さん、目黒さん、ありがとう!



maki hachiya 蜂谷真紀
by hachiyamaki_diary | 2012-08-02 14:20 | ふくちう日誌

ふくちう日誌


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya