home > diary


みじかい手記

3/2:明け方の手記

アケタ夜中アフター。ちょいと始発まつ時間はいつも面白い。
賑やかな始発まち、独りの始発まち。
この時間って壊れた人と真面目な人が混在してるから好き。
自分はたぶん両極端。中間は解んない。
社会性がないのアホだと言われようと中間は解んない。
夜中なのに聞いてくださってありがとうございます。温度って、あるね。
...むう、始発まち中に飛び越んでくるNEWSが、
中国無差別殺人、ウクライナ、パキスタン、シリア…
ライブ後だと、なお残念に感じるね。さて始発。


3/2:夜の手記

アケタの店40周年は4/21と5/29に出演しますが、
4/21はアケタさんの直感で、
大先輩の三上寛さん+石塚俊明さんと自分が初共演すると聞きとても驚いた。
昨夜、三上さんのライヴを見に行くと、その驚きは温度に変わった。
歌に生きる人の姿がそこにあり、一体となって歌うドラムがあった。沁みた。
島田さんが貸してくれた三上さんのCDは、
古澤良治郎さんデビューアルバムという年期の入った音源で、
坂田明さん、山下洋輔さん、という顔ぶれ。
時をこえグイグイ引き込む温度....もしやして全員20代??!
出会いと、音に、いろんなことを、思う。





maki hachiya
蜂谷真紀
by hachiyamaki_diary | 2014-03-02 23:45 | ふくちう日誌

ライブ日誌、いろんな日誌、ふくちう日誌


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya