header_title

home > diary

top_off prof_off sche unit_off disc_off diary_off mail_off
disc


永田和宏さんが私の曲『竜骨』に短歌を詠んで下さった。

歌人の永田和宏さんが、
私の曲『竜骨(keel)」を聴いて短歌を詠んで下さった知り驚く。
光栄です。。。


【初人氏の手記より転載】

ノルウエーのヴァイキング船博物館にオーセベル船が保存されている。
1904年にオーセベルの海底から引き上げられた木の船で、
泥の中で腐食を免れ当時の姿をとどめている。
竜骨(キール)を備えた手漕ぎの船。
その曲線は彫刻のように優雅で祈りのかたちにも似ている。
ヴァイキングには船を棺とする習慣があり、
亡き女王と共に生贄とされた家畜や副葬品に溢れていた。
船は女王の棺として沈めれ、千年以上もの間氷の海に眠っていたのだ。

蜂谷真紀の曲『竜骨』は、このヴァイキング船を思わせる。
残酷で美しく、そして敬虔。
先日、歌人の永田和宏さんが
蜂谷真紀が歌う『竜骨』を聴いて次の短歌を詠んでくれた。


『竜骨』 永田和宏

言葉にはあらぬ歌詞にて蜂谷真紀しづかに「竜骨 (キール)」を歌ひをはんぬ

完璧な音源としての声帯かたとへば竜骨(キール)の軋みのやうな

触覚として届くなり声にしもあらぬ波動の直接として


d0244370_16462335.jpg
d0244370_16461168.jpg





--------------------------------------------

「竜骨(keel)」という曲 by 蜂谷真紀

バイキングの故郷に自分の曲を連れて行きたくて、
オスロで実物の竜骨(オーセベル船:写真)を見る前にこの曲を書いた。
1000年の時をこえ、その船は朝霧の海に音もなくあらわれる…
そんな渦巻くイメージを曲に描きたかった。

この曲は【HANA●TORI】のCD、
たからもの」に収録されている。
共演は田中信正さん(pf)、喜多直毅さん(violin)

信正さんのフリーイントロは、船を今に連れてきたかのようであり、
喜多さんのソロは時をこえ、海上に降り立つ魂のようだった。
彼らの素晴らしい解釈には、歌っていて鳥肌が立ったほどだ。


ゆうべ、この船を想って寝たら、
海岸線を旅する「二編」の不思議な夢をみた。
それは、どこか遠い国の海岸で、
二つの国の、二つの海岸。


永田さん、新たな夢をありがとうございます。






maki hachiya
蜂谷真紀
はちやまき

















トラックバックURL : https://hookchew02.exblog.jp/tb/21607197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2015-03-05 17:04 | ふくちう日誌 | Trackback

簡単な髭の作り方


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya