home > diary


町医者先生と ビリーホリデイ

町医者先生と ビリーホリデイ_d0244370_14135090.jpg
葉っぱ…おちちゃったね。
今年は紅葉を見にいけなかったな。

先日のCD発ライヴ中に、加藤崇之さん突然の体調不調。
鬼の霍乱!!!
心配していたら、
数日後、私も寝込みました〜〜泣

ありえーーーん!!結果的にDUOでダブルインフル。
ミクロマクロ息があいすぎです!

高熱中、加藤さんから電話があったので、
「私もインフルなっちゃった…」って言ったら、
「え”〜〜〜〜!うそ!!!?」って嬉しそうに笑ってるしなあ。
もー笑いごとじゃあないよぉ。

しかし後の笑い話.....まちがいなし!!!

とゆうことで、いま思わぬ連休中です。
歌ってないとタダの人である。とほほ。
早く歌いたい〜〜〜〜

ご心配かけましたが、熱もピークをこえました。

こんなに寝たのは久しぶり。
熱も下がり、今日から楽園〜〜〜。
なんか・・・極楽浄土みたいでヤバイです。
もしやして、身体が危機的状況になると、
古い細胞を淘汰し、新細胞が生まれるサイクルが、
いつもより加速を増し、身体は新鮮になるのかな?
…なんて意味不明なことを考えるくらい…
いまはフレッシュな気分です!!!(笑)

ちょうどライブの狭間で助かったとはゆえ
ライブ飛んでしまいごめんなさい。
生徒の皆さんも、変更すみません。
しかと完治させ、デビューします!

ということで・・・
12/10【TOKYOディープ】@公園通りクラシックス、
大変申し訳ありませんが、
まだドクターストップにて延期させていただきます。
楽しみにしていた皆さんごめんなさい。

急に思い出したこと。

「町医者先生と ビリーホリデイ」

18か19才ごろの深夜。
風邪の症状もなく突然、42度近い熱を出した私。
母が驚き、
近所の町医者の先生を呼ぼうと電話をかけているのが聞こえた。

電話ごしに先生が大きな声で・・・
「えーー?!僕が着くまで、○○と○○を冷やしておいて…」云々、言っているのが聞こえた。

この熱はヤバイんだな…と、意識朦朧としながら思った。
そのとき私の手足はとても冷たく、
辛い感じすら越えてしまいボーッとしていた。

深夜にも関わらず先生はすぐ来て下さった。
お家で一杯やっていたのか、ややご機嫌な赤ら顔(笑)
その姿に逆に何故だか安堵感を感じた。

黒い往診用のドクターバッグからゴソゴソと何やら出すと、
「ちょっと痛いけど我慢してね。」
でっかい注射を一本!!

そのあと嘘のように楽になり、楽園にのぼるよな気分。
死ぬんじゃないか?と思ったくらいです。

翌朝、ビリーホリデーの歌をラジカセから流しながら床についていました。
彼女の歌はさらに私を楽園に導き、すっかり熱は下がりました。

あれはなんの熱だったのだろう?

とにかく町医者先生とビリーホリデーで治ったことは確かです。

家族のかかりつけ。懇意の先生。
昔は往診とゆうのがありましたが、今だったら救急車なのかしら?

夜中にもかかわらず、
駆けつけて下さる暖かさと熱意も治療のうちなのだな…と、
いたく感謝した記憶があります。

先生ありがとうございました!
今もお元気でおられますように!



早くうたいたい〜〜〜〜



蜂谷真紀
はちやまき
MakiHachiya







by hachiyamaki_diary | 2017-12-08 14:08 | ふくちう日誌

ふくちう日誌


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya