home > diary


[PORTA CHIUSA]Paed Conca 、Hans Koch、Michel Thieke+竹内直、蜂谷真紀

[PORTA CHIUSA]+竹内直、蜂谷真紀
皆さんありがとうございました!
四人の素晴らしい音魂を頂き幸せな声納めでした。
音で民族分断に警告を発してきた[PORTA CHIUSA]
本日それぞれの国へ帰国。また会おう!


初めの5枚 by 高下徹

[PORTA CHIUSA]
Paed Conca(cl) 、Hans Koch(cl)、Michel Thieke(cl)
竹内直 NaoTakeuchi(cl,b-cl,t-sax)
蜂谷真紀 Maki Hachiya(voice)
d0244370_12563901.jpg
d0244370_12570931.jpg
d0244370_12573688.jpg
d0244370_12575186.jpg
d0244370_12581484.jpg


お客さまより写真
d0244370_12591644.jpg
d0244370_12593607.jpg

ご存知ない方も多いかも知れませんが、
実は根底の深い深いところで…
[PORTA CHIUSA]は音で民族分断への警告を発している。
レバノン、スイス、ドイツ、日本、我々の住まいはバラバラだが地球だ。
彼らは10年近く共演してきた家族のような存在だが、
この日、私は、彼らの民族分断への警告を、始めて…
即興の「詩」として「日本語」で織り込んた。
ライブ前、彼らにそう宣言し、
改めて背中を伸ばす思いで集中した。
感ずるままとはゆえ慎重に言葉をえらんだ。
言の葉は、即興音楽において封印されがちだが、
声だけが発することができる言霊だ。
でも即興で言の葉…を発するとき、
私はとても責任を感じる。痛いほどに感じる。
例えばこのユニットでは、
言葉が浮き立つのではなく、音との相乗効果でなければならない。
「音の気」を食べ尽くして発せねばならない。
言葉があることで演奏がよくならねば意味がない。
説明しすぎてイメージを限定すれば全体を壊す。
あくまでも音楽だ。ライブだ。
言霊を武器に利用もできるだろうが、
聴き手の想像力を限定したくない。
自由に受け取ってもらいたいから、
必要最小限のパッセージでありたい。
実はとても勇気がいることなのです。

この日、
自分が2011の震災後に書いた詩、
「逆さまのバベル」が、ふと現れ、
どんどん姿を変えていった。
バベルの頂点に立つ者。末端にいる無数の民。
その距離は遠すぎて見えないほどだ。
しかし、本物のバベルは、
権力者が築いてきた無数のバベルとバベルの間にみえる、
逆さまのバベルなのではないか?
地球のみんながが共有する空がバベルなのではないか?
わたしはそうおもう。

演奏中に役者としての自分?も現れたようで、
カメラマンの髙下徹さんがその様子を押さえて下さった。
どの写真も素晴らしく、セレクトできず…笑
後日ここに追加アップしますね。

関連ブログ
「レバノン映画を見にいった」

ライブ前の気の交換もよい感じだった。
初共演、竹内直さんのバスクラを手にするHans Koch(cl)
(蜂谷真紀撮影)
ハンスはセシルテイラー、ポールブレイ、フレッドフリスらと共演を重ねてきた強者ですが、
過去の話はしない。けして奢らないクレバーな先輩だ。
でも音にはとてもシビアだと私は知っている。
彼は自分にシビアなんでしょう。気が強い人は一見穏やだ。
彼と出会ってはや10年。
もう70才くらい?と思うけれど、いまだに変遷してゆく素晴らしい音色と感性の持ち主。
ツアー中、自ら手をさしのべ、
自宅にずっと泊めて下さったこともあった。
奥さんのガビさんは間違いなく最高のパートナー。
なんともおおらか。わたしも大大大好きな女性だ。
そして…彼の練習を聴くのは最高のごちそうだった。

彼は生粋の音楽バカで、めちゃめちゃな人でもあり、
[PORTA CHIUSA]のなかで最年長なのに一番子供みたいだ。
日本と欧州ツアーで彼と1ヶ月一緒にいたことがあったが、
数々の珍事?はハンスと私が原因でした(笑)。
笑い話も怪我もてんこ盛り。実に楽しい旅!
d0244370_13022259.jpg


よいライブの周りには、
よいミュージシャンは勿論のこと、
よい気持ちの方々の協力や、
よい聞き手のみなさんが、あるものだ。
そう感じるたびに本当に感謝しています。


齊籐聡さんのライブレポート



アフター打ち上げにて。
本八幡 「cool jojo」店長の長谷川さん。
大変お世話になりました!
いつも気持ちよく演奏させて頂きありがとうございます。
d0244370_13050675.jpg

いまごろですが、頂き物の11月の写真。
ダンサー阿弥梨沙子さんのお誕生日イブのライブにて。
この日は偶然、長谷川マスターのお誕生日でして、
いきなり引っ張り出され…熱唱するマスター!?
かなーり、つぼりましたーーーー!!!
ちなみに、長谷川さんはギタリストです(笑)
d0244370_13092556.jpeg


次の写真は、カメラマンの髙下徹さんと。
彼に【次ナルJAZZ問答】CD製作の写真をお願いしました!!
とおるちゃん、いつもスバラシー写真をありがとう!
1/15ライブrecordingの撮影( `・ω・´)ノ ヨロシクーね
あ、先輩なのに失礼いたしました…笑
彼の写真、大好きなんですよ。
めちゃめちゃ聴いて撮ってるのだなぁと。
写真から音がみえるんですよ。感謝多々!

d0244370_13132289.jpg



[PORTA CHIUSA]
Paed Conca(cl) 、Hans Koch(cl)、Michel Thieke(cl)
今回も三度の共演、お誘いをありがとう!!
どの日も違う音でした。素晴らしかった!!


また会おう!!



蜂谷真紀
はちやまき
Maki Hachiya




トラックバックURL : https://hookchew02.exblog.jp/tb/27389741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2018-12-30 12:55 | ふくちう日誌 | Trackback

簡単な髭の作り方


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya