home > diary


横浜とワタシ

d0244370_18165380.jpg
田中信正pさんの、キティちゃんファイル…😱
.
.
3/19に初出演させていただく「上町63」にフラりと遊びに行った。

ゆうべは、竹内直ts, fl、田中信正p、馬場考喜g
みなさん私も共演している素晴らしい奏者ですが、
それぞれ違う一面も堪能でき、
アフターも出演ライブ後とはまた違った楽しさがある。
リラックスしているぶん、出演時より終電を逃すかもしれない。笑

この日の選曲は一筋縄では行かない曲ばかりなのに、
当日リハであの完成度はすごい!!!
一筋縄では行かない曲って・・・
曲の生命体を理解しないと命が聞こえてこないだけに皆さん流石です。

直さん曰く「一筋縄では行かない曲ファイルを持ってきた」(笑) 

そっかなるほど無国籍に気になる曲ばかり…
プレイはもちろん実に楽しい夜。

マスターとも初めてお話ししましたが、
スッと打ち解けて、ご縁を感じました。
奏者、聴き手、ひとつになれる場には、必ずしや心の空間が存在するもので、
音楽を心より愛するブレない人に出会えるのは、かねてより貴重なことだと思っています。

出会いを下さった直さんに感謝を!
3/18、楽しみです!

ところで、
このお店ではミュージシャンもびっくりの、
「マスターの直感」による組み合わせがあるそう?で、
昨夜のトリオもマスターの閃きだそう。なるほどそうだったのか!

それもドキドキと楽しみだなあ。
なんでかっていうと、

歌の強さや優しさを信じてるのはもちろんとして、
声には未知数の魔力があると信じているのはもちろんとして、

なんでかっていうと、

たとえば20年以上コンスタントに共演してきた信頼の奏者ですら、
色んな組み合わせ、構成、オリジナル、フリー、即興、
アコースティック、エレクトリック、様々な曲、コラボ、
また他の奏者のリーダーライブで出会ったりもして、

その人を知りつくしているつもりでいるものですが…

当たり前だけれど、

その奏者とて私がいないライブが日々沢山あるわけで、
ライブの数だけ一人の奏者に未知の音がある。
人生100年あっても足りないくらい好奇心ワクワク!だからです。



困っもんだ笑。
長生きせねば(笑)


ところで3月、
横浜で気になるライブが多い。

.
★3/9エアジン
【HANA●TORI】蜂谷真紀、田中信正

★3/18ドルフィー
【次ナルJAZZ問答】蜂谷真紀、松島啓之、類家心平、須川崇志、本田珠也

★3/19上町63【duo】 竹内直、蜂谷真紀、超スリリングなDuo



まったく違う3ライブなので、横浜3本みんな見てほしいくらいです!!!




ではいってきます!雪ふるのだろうか・・・





蜂谷真紀
はちやまき
MakiHachiya








トラックバックURL : https://hookchew02.exblog.jp/tb/27422602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ロレックス デイトジャス.. at 2019-03-27 07:24
タイトル : カルティエ時計 免税 ヴィトン
蜂谷真紀 ふくちう日誌... more
by hachiyamaki_diary | 2019-01-31 15:10 | ふくちう日誌 | Trackback(1)

簡単な髭の作り方


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya