home > diary


満タンの愛(歌とワタシの関係)

満タンの愛(歌とワタシの関係)_d0244370_12441002.jpg
満タンの愛(歌とワタシの関係)_d0244370_12445050.jpg

《満タンの愛》....歌とワタシのカンケイ

3/31は「コガメ姫」の一周忌でした(白のオカメインコ)
彼女は白く美しい卵を2つ残し、
突然の心臓発作で若く美しいまま去ってしまいました。
彼女が去ったとき、ベランダは春が咲き乱れていました。
写真は「今年の花たち」@ベランダ宇宙・・・
植物は何があろうと爆発と沈黙をくりかえす。
満タンの愛(歌とワタシの関係)_d0244370_12452965.jpg
フリージアの群生、すばらしい香り!
房総で買ったたった一株がこんなに増えた。
ここに写ってないのも沢山あります。

満タンの愛(歌とワタシの関係)_d0244370_12454182.jpg
ムスカリ
なんだか、フリルのついた少女服みたいだね。
満タンの愛(歌とワタシの関係)_d0244370_12455983.jpg
シクラメンとフリージアの蕾
たいした世話をしていないのだが、無敵にすごい植物のみなさま。



《満タンの愛》

そういいえば、彼女が去った当日・・・
私は、妙に黙々としてライヴ会場にむかった。
そして、貪欲なほどに歌って、ひたすら歌いまくって、
そして、愛を「満タン」にして、帰宅した。
そして、帰宅後、彼女の小さな体を抱いて
ずっと泣きつづけ、朝にはガス欠になった。

いつどんなときも、歌に助けられてきたみたいだ。
喜怒哀楽。なんであれ、歌は自分の鏡なんだろう。
たぶん歌っているときは「服を着たまま脱いでいる」
聴き手と自分の間に、特別なエネルギーが生まれ
愛を満タンにして帰ってくる・・その繰り返し!

ところが今年の春は、皆さんの前で歌えない。
延期、中止、変更・・・なんだかポカンとする。

いまだけ、地球がゆっくり回転してるみたいだ。
時間もあるし、いろいろ、みたり、きいたりして、
家で歌えばよい。ピアノをひけばよい。まあそうか。
曲をかくかもしれないし、詩をかくかもしれない。

自分の歌になくてはならない感覚って...なんだ?

 「愛」「空と太陽」「月と海」 かな?

これらが回転すると・・・🌏🌎🌍
愛おしい人、困った人、狂おしい人、へんな人、陰陽。
いろんな時代の、いろんな国の、いろんな人たちや、
虫も植物も、この世にない何か…すべて愛おしくみえてくる。

チャオ💖





蜂谷真紀
はちやまき
Maki Hachiya
























by hachiyamaki_diary | 2020-04-01 12:40 | ふくちう日誌

ふくちう日誌


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya