home > diary


コロナでライブできない間、私はどんなだったか?(これ、一年後の誕生日に読むのだ!)


やっとあすからライヴができる!!!!!
最後のライブは3月末。4月、5月はライブ全滅。
ああ...それにしても長かった!!!

いや、まだまだ先は長いのだろうな・・・

パンデミックが収束していないというのに、
アメリカ、香港、台湾・・・世界情勢は混沌としている。
一握りの人間の言動や行動が、みんなの未来の見通しをさらに悪くする。
それに対し民間が声を上げるようになった。
政治家や、国まで声を上げるようになった。
本心を言える国はまだよい。本心を言えない国は・・・
はたしてその行方は???

ああ、人間の素晴らしいところが謳歌されればよいのに!

素晴らしいところ・・・
それを、それぞれのペースでやっていけばよいのだな・・・


この2ヶ月間、いろんなことを考えた。そして、ときに考えなかった。
とにかく、いろんなものを見た。聞いた。感じた。地球ベースで。
普段できないこともできたけど、できないことだらけだった。

何をしていても、何を考えていても、
自分と向き合っていることに気づいた・・・
黙々と座禅を組んでいるような気分になるのだ。
無意識にモチベーションをキープしようとしていたのかもしれない。

エネルギーがヘンテコな方向に暴発したこともあった。
めちゃめちゃな自分を人に見られたりもした。
でもおおかた、穏やかな自然児になっていた。
そんな自分を客観的にながめているジブンがいた。
良いも、悪いも、自分という人間を感じる機会になった。

そのうち、
友人、お店、ミュジシャンから直接電話がかかってくるようになった。
海外からもかってくるようになった。
自分もかけるようになった。
ちょっと人間らしい日がもどったと思った。
普段は聞けない、人それぞれのの思いをじっくり聞くことができた。
とにかく、みんな乗り越えようとしている・・・愛おしく思った。
今まで以上に近く感じる人々が増えた・・・嬉しく思った。
とくに店主の方々からのコンタクトが多かったようにおもう。
3ヶ月ちかくも休業を強いられるライブハウス。

自分もそうだが、どこの店も無収入となり、音楽の喜びも消えてしまった。

きっとそれだけ大変なのだ・・・でも日本人は謙虚でもある。

「ライヴハウスがSOSを発することを躊躇しないでほしい!」
いつしか、そうプッシュしている自分がいた。
SNS拡散だけでなく、
自分らの音源やCDが
が店を微力ながら救えることもわかった。

そのうち、海外からも日本に手を差し伸べるミュジシャンが現れた。
彼らから、海外ネット電話がよくかかってくるようになり、
ヨーロッパのライヴ再開の厳しさも耳にするようになった。

ライブは9月から?!とゆう話も…
自分たちも大変なのに日本を心配してくれて・・・ありがとう。

高齢の両親には、別の意味で電話をかけ続けていた。
ライヴ失職中こそ親孝行したいのに、会いにゆけない矛盾。

だから両親におかずを作って送っていた。ライヴの日々にはできなかったことだ。

両親は思いのほか喜んでいた。よかった・・・

一方、厳しかったのは音楽エネルギーの行方だ。
家であれこれ音楽やってみた。でもなんか違うのだ。
ライヴが普通にできていたつい先日のことを、一年前のように感じた。
仕方がないので・・・に始まり、
いつしか競うようにネットにライヴや音源が収まってゆく様子は、
楽しいようで・・・ちょっと複雑で、ちょっと寂しい心境で見ていた。
ライヴ行かなくても音楽は楽しめる・・・もしそんな意識が定着したら、

みんなライヴを忘れてしまわないだろうか???! って。

LPがCDに入れ替わったときは、はじめは音の変化に馴染めなかったけれど、
いつしか自分もCDをどんどこ作っていた・・・
PAがアナログからデジタルに変わった時期も、

違和感があったのに慣れてしまった・・・
電話が携帯にかわり、ライブのブッキングするにも人の声を聞かなくなり、
ネットでなんでも検索できる日常にも・・・
あっという間に慣れてしまった。
便利と引き換えに失ったものは多い。
でも、それすら忘れていってしまう現実・・・


そんなことを、ふが〜と考えては、
でも、まさかライヴはなくならないよ!!!
音楽そのものは、便利にはならないよ!!!....って立ち返った。

この期間、自分もプライベートな弾き語りを少なからず録音した。
でもそういう思いもありアップしていない。
(天邪鬼なので忘れたころにアップするかも)

オンラインレッスンも、重い腰をあげてやった。
イベントとしては楽しいんだけれど、できる事も、音質も、限られる。
自分のピアノと生徒の歌のタイムラグを、脳内で処理する不便さは否めないし、
テンポレスでお互いの呼吸を察知するなんて...とうてい無理だ。


会わないとできないことがこんなにあるーー!!!!ってのは、

会わなくてもなんとかなるじゃん!!ってのより、

よいんじゃなーい?!!


おもえば自分の音楽だって、生身の出会いの数々に育てられてきた。
すんごい数の人々が思い浮かぶではないかー!!!
日本、海外、人種を問わず、たくさんの顔が思い浮かぶではないかー!!!
みんな最高の仲間ばかりではないかーーー!!!
困ったひと、すごい人、へんな人、一緒にバカなこといっぱいやって・・・

自分の場合、音楽をひとりぼっちでやってると、
よくもわるくも、思い込み偏狭ワールドに没頭してしまう傾向にある。

だけど、自分の曲をほかの仲間とやると、先入観と違う世界がどんどんうまれ、
また別の仲間とやると・・・またほかの世界もうまれて・・・
ついに曲が巣立って旅をはじめる。

そうか、ここからがスタートなんだ!って何度も思った。

音楽は、いつも仲間と一緒に回転してきたし、これからも回転してゆくんだろう。

ということで・・・
明日からライヴ再開しますー!


まずは、嬉しい!!!
そして・・・・この不思議な気分は、なに???
なんで不思議なんだろう???
でも、この不思議感は、悪くないかもしれない!
特別な音楽が生まれるのかなあ?

ライヴの営み自体は、ゆっくり戻っていくだろう。
でも、音楽はマックスでのぞむのがミュジシャンの性だ。
ゆっくり&マックス。しばらく割り切ってライヴします。

あすは6/6。自分の誕生日にライヴ再開できてほんとに嬉しい。
音とビジュアルの空飛ぶ女たちによるパフォーマンスだ。
この数ヶ月の想いが込み上げてくるのだろうか・・・


--------------------------


★6月6日(土)15:30open 16:00start
【ハチヤ生誕 曼荼羅卍 : DAY1 】

《とりかぶつ🍄×中山晃子》
蜂谷真紀(voice,effected-voice,pf)
http://hookchew.com/index.html
武田理沙(key,syn,pf,drums)
https://www.risatakeda.com/
中山晃子(alive painting)
http://akiko.co.jp/akikoweb/top.html

@本八幡「cooljojo jazz+art」080-2624-0879 ¥3000+order
http://cooljojo.tokyo/
市川市八幡2-16-16-B1F (Gパン屋"サカイ"さん地下)
都営新宿線「本八幡」A1出口より1分
MAP↓総武本線「本八幡」北口、京成本線「八幡」出口3より3分
https://goo.gl/maps/WuGjKvy97oL2

マルチな才能爆発中のミュジシャン武田理沙さん、
世界各地で進化を続けるアーティスト中山晃子さん。
そしてワタシ・・・
アナログ、エフェクト入り乱れ、楽器も入れ替わったりする、
蜂谷&武田の「とりかぶつ」+中山さん。視聴覚全開の再スタートです!



⚠️
会場HPの「感染対策のお願い」を必ずご一読下さい

マスク着用をお願いいたします。体調のすぐれない方のご来店はご遠慮下さい。
感染対策へのご協力をお願いいたします。🙇‍♀️

コロナでライブできない間、私はどんなだったか?(これ、一年後の誕生日に読むのだ!)_d0244370_00524852.jpg

-------------------------------------------------------------

★6月7日(日)16:30開場、17:00開演
【ハチヤ生誕 曼荼羅卍 : DAY2】

【HANA
TORI】
蜂谷真紀 (歌と声)、田中信正 (ピアノ)

@渋谷「公園通りクラシックス」080-6887-5957
http://koendoriclassics.com/
予約¥3000,当日¥3500
MAP↓「渋谷」より4分
https://goo.gl/maps/vV3mXZhhhdz

生誕Day2は、長年のユニット「花鳥」心新たに歌います。
音で絵を描く2人オーケストラのごとく・・・
信正さんのピアノと飛ぶ蜂谷オリジナル曲の旅。
言の葉も、メロも、リスムも、声であり歌。そんなイメージがあります。



(⚠️
17:00スタートに変更となりました。

入場制限20名。ご予約をお願いします(会場か蜂谷まで)
換気のため、30分ほど×3ステージ制です。
マスク着用をお願いいたします。体調のすぐれない方のご来店はご遠慮下さい

感染対策へのご協力をお願いいたします🙇‍♀️

コロナでライブできない間、私はどんなだったか?(これ、一年後の誕生日に読むのだ!)_d0244370_00525254.jpg


蜂谷真紀
Maki Hachiya
はちやまき
Official Website































by hachiyamaki_diary | 2020-06-05 18:01 | ふくちう日誌

ふくちう日誌


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya