home > diary


初夢。明日は初歌い!

初夢。明日は初歌い!_d0244370_23384724.jpeg
初夢。明日は初歌い!_d0244370_23392520.jpeg
初夢。明日は初歌い!_d0244370_23395010.jpeg
正月に両親の元に行ってきた。
写真は実家の夜明けと早朝の月。
いまケアスタッフさんと共同作業で両親を介護中。
お陰様で音楽も走れてます!
でも色々やって帰る癖がぬけず、正月から洗濯てんこ盛りー!
初夢。明日は初歌い!_d0244370_23401707.jpeg

相方の故郷、岡山のお雑煮を作ってあげていたら、
父も関東のお雑煮を(なんとか頑張って)作ってくれていた(笑)
お雑煮、2種類食べたの、はじめて!
相方と共同作業で掃除、洗濯、買い物(ありがとう)
最後にお赤飯を炊いてあげて帰宅しました。

いよいよ両親は余計なもん?が無くなって、命がたくましい!
地球は、いまも宇宙を凄い速さですっとんでいる。
赤ちゃんも、おじいちゃんおばあちゃんも、オカメインコも、
みな、宇宙を同じ速度ですっとびながら、いきている。
そのなかに音楽も回ってる!・・・と、いつも感じる。
初夢。明日は初歌い!_d0244370_23410002.jpg
初夢。明日は初歌い!_d0244370_23413737.jpg

《🦉2021初夢🐝》

私は、人々に聴診器をあてていた。
とうやら医者ではない。
ただ、やってくる人たちに、次々と聴診器をあてていた。
少女が現れた。私は、彼女に聴診器をあてた。
ふと、その少女は「少女のころの自分」だと気づいた。
彼女の鼓動をもっと聞こうと耳をすませていると、
私の背後からもう一人の自分(未来の自分?)が
私に聴診器をあてていることに気づいた。
三人の自分???

でもすごく自然な感じだった。
とても静かで暖かい夢だった。
ずっと室内いる夢は珍しいかも。

初夢。明日は初歌い!_d0244370_05354080.jpg

いつも不思議な夢ばかりみる・・・
たいてい、現実とは、ほど遠い。
たいてい、日本ではない。
たいてい、どこの国かわからない。
長大なストーリーの夢も多い。

近未来みたいな街の夢とか
巨大構造物がうごく夢とか、
よくみる。
夢に知っている人があまりでてこない。
夢の中の知らない人達はだれなんだろう?
謎の女王や国の長、怪物が現れることもある。
海を移動する島に乗っている夢もみたっけ。
夢はちょっと神話みたいでもある。

汽車、レトロな電車は、夢によく、現れる。
海の夢はすごくみる。でも山の夢はみない。
窓や扉を開ける夢は、とても多くみる。
必ず夢のどこかに現れるくらいだ。

こんな日々ではあるけれど、
現実でも、たくさんの扉や窓やあけていたいな。

さあ、あすは初歌い!
鬼怒無月gさん、石田幹雄 pさんと、本八幡「cool jojo」にて19:00です!
初夢。明日は初歌い!_d0244370_23421154.jpg






蜂谷真紀
はちやまき
Maki Hachiya












トラックバックURL : https://hookchew02.exblog.jp/tb/28386551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2021-01-04 16:37 | ふくちう日誌 | Trackback

ふくちう日誌


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya