home > diary


たまには歌詞とボイスの不思議な?お話し

たまには歌詞とボイスの不思議な?お話し_d0244370_15113372.jpg
まずは歌神コゴシ師匠!

《たまには歌詞とボイスの不思議な?お話し》

ミュージシャンや音楽作家さんの曲に歌詞を書く依頼を頂くことがある。難産になることもあるけど、例えば、先日ご一緒した、のなか悟空さんの曲はすぐ日本語がきこえてきて、最短5分!安産です笑。悟空さんの曲はいままで何曲か歌詞を書かせて頂きましたが、曲が自然なのと、ご本人のキャラクター、イカしたタイトル、ライブでどんな生き物になるメロなのか?が明確なので、詩が勝手にでてきます😉

逆に詩に曲をかく依頼もあります。こっちのほうが大変!!😅ですが…
どちらも人の心理を読むゲームのようで面白い。

きのう、さいきん曲を書き始めたと男子生徒に
「蜂谷さんの《女王》って曲の歌詞があるじゃないですか~」と聞かれ笑っちゃったんですが、
「女王」に歌詞はないですボイスです(笑)。
悟空さんバンドのライブでも
「あの曲の蜂谷さんの歌詞めちゃ可笑しかったー」と言われたけど、
その曲も歌詞うたってないですボイスです(笑)
スイスで各国の詩人が集まる音楽フェスみたいのがあって自分は音楽で出たんですが、
終演後、現地の人から「あなたの日本語の詞が私には解ったわ!」と言われましたが、
その時も日本語でなくボイスです(笑)

自分も最近気付いたんですが、
ボイスでイメージしてるニュアンスが歌詞に聞こえるのでは?と。

自分のボイスは器楽的にとらえる声と、
世界共通語ととらえる声と、
おおまかに2つです。
それかもなぁと(笑)

これは海外で演奏するたび世界共通語があったらいいのに!思うことに始まった声への希望かもしれない。
言語がない時代にコミュケートしていた原始人みたいな感覚?とゆうか。

ちなみに私は曲を先に書いて歌詞は後からかきます。例外もありますが。
あえて歌詞を書かない曲はボイスでうたいます。
ボイスから勝手に出てきた造語の歌詞?を記述してる譜面もあります(笑)

ああ、安産も難産も楽しい勉強😍
いや…
音楽を勉強ととらえることはないの。
だって楽しいほうがよいもの!

ね?そうでしょ?コゴシ師匠!

たまには歌詞とボイスの不思議な?お話し_d0244370_15124681.jpg
え?当たり前じゃん!by コゴシ師匠


さて今夜は
入谷「なってるハウス」
加藤崇之さんと【ミクロマクロ】19:00からです!
今日は加藤さん久々にガットギターだとおもわれ、
改めて新鮮で嬉しくドキドキしてます。
いま加藤さんは手の治療中ですが、
いまの2人だから…が逆に発見となるのでは?
そんな予感がします。
では後程!!😉👍

たまには歌詞とボイスの不思議な?お話し_d0244370_15120780.jpg
Photo by ToruTakashita


蜂谷真紀
はちやまき
Maki Hachiya















トラックバックURL : https://hookchew02.exblog.jp/tb/29050381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by hachiyamaki_diary | 2022-01-09 15:05 | ふくちう日誌 | Trackback

ライブ日誌、いろんな日誌、ふくちう日誌


by 蜂谷真紀 / Maki Hachiya